ニットービスコム株式会社
営業案内
会社概要
環境へのとりくみ
CSR
AED
お問い合わせ
ご契約までの流れ
求人案内 個人情報保護方針 サイトマップ  
ニットービスコムとは 警備サービス ホームセキュリティ 総合管理サービス
AED


日本光電のAED made in Japan

ご質問・詳細説明のご希望は…
お問い合わせ


AEDとは?
Automated External Defibrillator : 自動体外式除細動器

AED-2100
AED‐3100



AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。
2004年7月より医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、病院や診療所、救急車はもちろんのこと、空港、駅、スポーツクラブ、学校、公共施設、企業等人が多く集まるところを中心に設置されています。
AEDは、操作方法を音声でガイドしてくれるため、簡単に使用することができます。
また、心臓の動き(心電図)を自動解析し、電気ショックが必要な方にのみ電気ショックを流す仕組みになっています。


心臓突然死
ニットービスコムの教育訓練体制
心臓突然死は、いつでも誰にでも起こる可能性があります。 日本国内において、病院外での心臓突然死は年間約6〜7万人とも言われています。 その心臓突然死の原因のほとんどが「心室細動」であり、この心室細動を治す唯一の方法は“電気ショック”です。 発作を起こした最初の数分間にAEDを使用して“電気ショック”をすること、それが命を救うには必要なのです。


心室細動について
ニットービスコムの教育訓練体制
心室細動とは、心臓の筋肉がけいれんをしたような状態になり、全身に血液を送るポンプ機能を失った状態になる致死性不整脈の一つです。心室細動の唯一の治療方法が、除細動器(AEDを含む)で電気ショックを与えることだと言われています。


心室細動
心室細動
矢印


正常なリズム
正常なリズム



早期の電気ショックが必要な理由

グラフ

「心室細動」は、心臓がけいれんし、ポンプとしての役割が果たせず、酸素を含んだ血液を体内に送ることが出来ない状態です。 この心室細動は、発生から1分経過する毎に心拍再開率は約10%ずつ低下していきます。 救急車が到着する前に、現場に居合わせた私たち一般市民による“心肺蘇生法”+“電気ショック”が必要です。

早期実施


一般市民による“電気ショック”認められる
平成16年7月1日,厚生労働省から都道府県知事あてに「非医療従事者による自動体外式除細動器(AED)の使用について」という通知が出されました。 これにより、前提条件なしに、一般市民がAEDを用いて電気ショックをかけても違法性は問われないという内容が明記されました。 私たち一般市民もAEDを使用した救命が出来るようになったのです。

ガイドライン


お客様の日常点検をサポート
AEDリモート監視システム ARM-1000


※当社は、「AED3100」(音声ガイダンスのみ)と「AED2150」(音声ガイダンスとイラスト画面表示)を
  販売しています(リース契約も可能です)

  特別価格にて、見積させていただきます。

ホームへ戻る ページのトップへ戻る
(C) NITTO BSCOM Co., Ltd. All rights Reserved.